Story of Mr. Berker Ekmekci

Story of Mr. Berker Ekmekci

My name is Berker Ekmekci. I am 30 years old. I was born after Chernobyl Disaster in Trabzon city located at Northern coast of Turkey. I remember that sometimes in Trabzon we heard siren sounds for practice. About 5~6 years after Chernobyl Disaster, lots of people couldn’t drink tea in Trabzon because they feared of radiation contamination. Then my family moved to Ankara, the capital city of Turkey because of my father’s new job.

One day when my mom took me a bath, she discovered something wrong in my body. I was 6 years old at that time. i had a problem at my testicals. Then we went to urologist. The doctor said, “This child has a beginning of testical cancer.”  Afterwards I had lots of surgeries and different methods of cure such as hormone injection, vaccine treatment, etc. At last I lost one of my testicle because of cancer hazard when I was 17.

Now I am 30 years old, and infertile. I gained weight because of cure methods and hormone treatment. Because of this I  have a problem in blood pressure. Afterwards, my mom found breast cancer. She cured the cancer and didn’t lose her breast. Two years later she found uterus cancer. After operation, she lost her uterus. She was suffering with psychological problems. Now she has brain tumor and she started a treatment.  She may get another operation if the doctor decides. But there may be a disability risk after operation of brain tumor. Because of this she is hesitant to get the operation. I have never seen my grandfather and grandmother. They died of cancer. My grandmother died of leukemia, blood cancer. My grandfather died of stomach cancer. One of my uncle died of skin cancer. My mother’s mom lost 3 new-born children because of uterus problems. Then she died of leukemia. All of them couldn’t live over the age 65. They did not live long.

So i think this cancer problem in my family is genetic. I am single now. But one day I would like to marry someone. But sometimes I fear my children may also have cancer. In my opinion the beginning of cancer problem in my family is Chernobyl Disaster. That is all I can say. Thanks for listening to my story.

8d649f33faab76322ef261f26ea8092ec64f7327

Story of Mr. Berker Ekmekci

(石川晶子 Ishikawa Keiko, Translated by Ishikawa Keiko)

私は、バーカー・エクメクツィです。30歳になります。トルコの北岸に位置するトラブゾン市で、チェルノブイリ原発事故の後に生まれました。トラブゾン市では、時たま訓練のためサイレンが鳴るのを聴いていたことを覚えています。

チェルノブイリ原発事故後およそ5,6年間は、トラブゾンでは多くの人々はお茶を飲むことができませんでした。放射能汚染を恐れたからです。それで私の家族は父の新しい仕事のため、トルコの首都アンカラに転居しました。

ある日、母が私を浴室に連れていった時、私の体に何か異常なものを見つけました。その時私は6歳でした。睾丸に異常があったのです。それで母と私は、泌尿器科医を訪れました。医者からは「お子様は初期の睾丸のがんです」と言われました。それから私は何回もの手術や、ホルモンの注射、ワクチン療法など異なる治療を受けてきました。 17歳の時、がんの要因を除去するために、とうとう片方の睾丸を失うことになりました。

今私は30歳になり、生殖不能症です。 治療法や、ホルモン療法のため体重が増えました。 そのために、高血圧となりました。 その後、母には乳がんが見つかりましたが、治療で直り、乳房を失わずにすみました。その2年後、子宮がんが見つかり、手術を受け子宮を失いました。彼女は心理的な悩みを抱えてきました。

今、母は脳腫瘍を患い、治療を始めました。 もし彼女のドクターが決断すれば、また手術を受けるかもしれません。しかし、脳腫瘍の手術を受ければその後は困難なリスクが起こるかもしれません。 そのため、母は手術を受けるのをためらっています。私は(父方の)祖父にも祖母にも会ったことはありません。 二人ともガンで亡くなりました。祖母は血液のがんである白血病、祖父は胃ガンでなくなりました。 叔父の一人は皮膚がんで、 母方の祖母は、子宮の異常で3人の新生児を失いました。それから彼女は白血病でなくなりました。親族は全て65歳を超えて生きることは出来ませんでした。長く生きることはなかったのです。

考えるのですが、私の一族のがんの問題は、遺伝子によるものではないかと。私は今は独身ですが、いつかはだれかと結婚したいと思っています。しかし時々わたしの子供もがんになるかもしれないと考えると怖くなります。 私の一族のがんの問題の始まりは、チェルノブイリ原発事故ではないかと考えています。 これで話は終わりにいたします。ご清聴ありがとうございました。

https://liferoad.org/2019/08/16/384385-2019-08-0607-toward-istanbul/

 



Categories: 14. Turkey, Course and Dairy, Newsletter

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: